格安SIMはなぜ安いの?

格安SIMはなぜ安いの?

格安SIMはなぜ安いの?

格安SIMはなぜ安いのでしょうか?
回線(電波)はドコモやauなどの大手携帯電話会社と同じなので、エリアが狭いというわけではなく、大手携帯電話会社と同じです。納得の3つの安い理由を紹介します。

 

格安SIMが安い3つの理由

 

容量や速度に制限をかけている

スマホ 電波格安SIMが安い一番の理由として、容量や速度に制限をかけているということがあげられます。
最近では速度に制限をかけている格安SIMはほとんどなく、その多くは容量に制限をかけています。
具体的には「1ヶ月で1GBまで」など。その容量の制限を超えるとどうなるかというと、今度は速度に制限がかかります。通信速度が遅くなるというわけですね!
たとえば、ドコモの容量の制限は、いちばん少ないものでも2GB/月ですが、格安SIMの「DMM mobile」であれば1GB/月からプラン(コース)を選ぶことができます。
月に1GBも使わないひとにとっては、ドコモの2GB/月のプランでさえも無駄があるわけですね。
ところで、ドコモの一番安いプラン(パケットパック)は2GB/月とお伝えしましたが、このパケットパックの月額料金は3,500円です。
しかし、同じNTTコミュニケーションズが提供する「OCN モバイル ONE」の2GB/月の月額料金は、なんと1,100円!その差、2,400円/月です!

 

店舗を構えていないためコストを必要としない

ビル格安SIMのほとんどは、ドコモショップやauショップなどの店舗を構えていません。あるいは、店舗の数が非常に少ないです。
一見デメリットのように感じられますが、店舗を維持するコストが必要ないからこそ、ドコモなどの大手携帯電話会社と同じ電波エリアのサービスを格安の価格で提供できるわけです。
では、サポートがしっかりしていないのかというと、そういうわけでもなく、キッチリ電話でサポートしてくれます。
頻繁に店舗に相談する方には向きませんが、もともと必要最低限の来店しかしていなかった方にとっては大した問題ではないですね。

 

価格競争の結末

競争3つ目の理由は、現在の低価格が価格競争の結末だということです。
格安SIMは、その名のとおり価格の安さを売りにしており、多くの格安SIMサービスが価格を競い合ってきました。
結果、有用なサービスが提供できるギリギリのラインまで価格が低下し、現在の求めやすい価格に落ち着いたというわけです。
現在、価格競争はひと段落したと考えられており、格安SIMサービスには、現在の価格で、価格以上のサービスを提供することが求められています。どの業界も大変ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIMはなぜ安い? 格安SIMのメリット 格安SIMの種類 格安SIMの選び方 格安SIMの使い方