格安SIM 使い方

格安SIMの使い方

格安SIMの使い方

「格安SIMでスマホの月額料金が安くなる!」と聞いて格安SIMを使いたいけど、実際のところ使い方がよく分からない・・・という方も多いのではないでしょうか?
実は、格安SIMに乗り換える方法は、それほど難しくはないんです!こちらで流れを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

購入をする格安SIMを選ぶ

格安SIMはどれも同じではありません。MVNOによって料金プランやサービス内容も異なります。
また重要なのは、あなたはどこの回線のスマートフォンを使っているのかというところです。
ほとんどのMVNOでは、ドコモの回線を使用しています。
auの回線を使っているMVNOは現在のところUQ-mobileとmineoの2社のみになります。
こちらでご紹介している各社の特徴をご参考に最適な格安SIMを選んでいただけたらなと思います。

 

MNP予約番号をもらう又は解約をする

今までの番号を使いたい場合は、MNP予約番号をもらいましょう。
窓口に行くか、電話でも手続することが可能です。
MNP予約番号の有効期間は、15日間と短いので予約番号をもらったら早めに乗り換えの作業を行うようにしましょう。
電話は使わないという方は、今使用しているスマートフォンの回線をもう使わないのであれば解約をしましょう。
MNPの場合は回線が切り替わるタイミングで解約されるので、自分から解約手続きを行わなくてもOKです。
解約しても、端末は手元に残るので格安SIMを差して、今まで通り使用することができます。

 

格安SIMを購入する

格安SIMを購入します。
ヨドバシカメラなどの家電量販店やAmazonなどの通販サイト、業者の公式サイトからの申し込がお勧めです。

 

SIMカードを端末に差し込む

SIMカードが手元に届いたら、持っている端末に差し込みましょう。
ほとんどのスマホは、背面のカバーを外せばどこにSIMカードを差せばいいのか分かると思います。
ですが、端末によっては違うことがあるので取り扱い説明書を確認、またはネットで調べてみましょう。
SIMカードロットに対してSIMカードが小さい場合は、SIMカード変換アダプタを利用すれば問題ありません。
数十円から数百円と安い値段で購入できます。

 

APNを設定する

SIMカードを挿入しただけではまだネットに接続することは出来ないんです。
SIMカードを端末に認識させるためにはAPNというものを設定しなければなりません。
システムの設定画面から、APN設定まで進みます。
どこからAPN設定に進めばいいかは機種によって異なるので、該当の項目を選択してください。
スマートフォンやタブレットは、設定画面でAPN、ユーザー名、パスワード、認証タイプなどを入力するだけでOKです。
設定する内容はSIMのパッケージ内に書かれていますので、それを入力していきましょう。
入力が終わったらAPNを選択して、モバイルデータ通信をONにすることによって通信できるようになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIMはなぜ安い? 格安SIMのメリット 格安SIMの種類 格安SIMの選び方 格安SIMの使い方