スマホの料金はなぜ高いの?

スマホの料金はなぜ高いの?

スマホの料金はなぜ高いの?

ガラケーの頃と比べるとスマホに機種変更してから月々の携帯料金が高くなった…と頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。
では、そもそもなぜこんなにスマホだと月々の料金が高くなってしまうのでしょうか?
こちらでわかりやすくご説明します。

 

スマホ料金が高い理由 その1 オプション料金

スマホの利用明細を細かく見てみると、色々なオプションが付いていることに気が付く人も多いのではないでしょうか?
スマホを買う時に安くなると店員さんに勧められるまま有料オプションに加入したまま、そのままにしてすっかり忘れていて、使っていないのにも関わらず、毎月オプション代だけを払い続けていた・・・、なんて方も結構いると思います。毎月利用していないのならばかえって損をしてしまいます。
入る時は、「初月無料なので」と言われていても解約方法がわからなかったりで、ずっとそのままだと無駄にお金を払い続けることになってしまいます。必要のないオプションは外しましょう。

 

スマホ料金が高い理由 その2 通話料金

現在は基本料金2700円でかけ放題のプランが主流となっていますが、旧プランだと30秒につき20円の通話料金がかかります。
通話をよくする方はプランを変更した方が良いと思います。また、LINEなどの無料通話アプリやLINE電話、IP電話など積極的に利用することによって、通話料金が無料人なるので通話料金を節約することができます。

 

スマホ料金が高い理由 その3 パケット料金

スマホ料金の大半を占めているのがパケット料金です。スマホが高くなってしまう最大の原因が、パケ放題などパケット定額サービスの契約料金なのです。
定額料は月5000円前後となっていることがほとんどです。データ容量が月に7GBを超えると速度制限がかかりますが、どれだけ通信してもパケット代は一定というものです。
しかし、専門機関の調査結果によると日本人スマホユーザーの5割以上が3GB以下しか使っていないそうです。
つまりは、5割以上の人が、毎月使い切らないのにも関わらず、多くパケット代を払っていたということになりますね。
パケット代を節約するためには、データ容量が少ないプランに変更するとかなり料金を抑えることができます。そして、格安SIMに乗り換えれば驚くほど安くなります。
スマホが高いと感じている人は、自分の契約状況を確認し、無駄がないかチェックしてみると良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIMはなぜ安い? 格安SIMのメリット 格安SIMの種類 格安SIMの選び方 格安SIMの使い方