速度・通信料について

速度・通信料について

速度・通信料について

格安SIMや格安スマホが通常の大手キャリアの通信料よりも安くなる最大の理由は、高速データ通信ができる容量に制限がある場合があるからです。
MVNO各社、よくある制限なのは、1カ月で1GB以上になったら制限をするという基準です。

 

ここで2つの疑問がでてきませんか?
1GBってどのくらいなのか?
1GBを過ぎたらどうなるのか?
ということです。

 

1GBはできることの目安は…

  • ホームページは約4500ページ見ることができる(1日150ページ)
  • メールは約20万通の送受信が可能
  • 動画再生は約500分

といわれています。

 

1GBを超えても、超過料金が課金されたりすることはありません。
ただ、速度が遅くなります。今まで14〜150Mbpsだったのが、速度制限がかかることにより、128kbpsから200kbpsに落ちます。

 

大手キャリアのスマートフォンでは今まで月に7GBで速度制限がされていました。
なので、1GBで制限がかかってしまうと、かなりストレスになるかもしれません。
ですが、3つの方法で対処することができます。

 

  • 上手にwifiを活用する
  • 足りない場合は買い足す(500MBで500円などで購入が可能です)
  • 2GB・3GBのプランに変更

 

使い方を少し工夫するだけで、1GBでも十分な場合もあります。
格安SIMに変更することによって、スマホの月々の料金を5000円も安くお得にすることも可能になります。

 

日頃、自分はどのくらいの容量を使用しているのかなどを考え、格安SIMに移行するのも良いかもしれませんね


ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIMはなぜ安い? 格安SIMのメリット 格安SIMの種類 格安SIMの選び方 格安SIMの使い方