格安SIMのトラブル

格安SIMのトラブル

格安SIMのトラブルについて

 

 

MVNOが販売している格安SIMとSIMフリーのスマホをセットで購入した場合、各社が提供している有料の端末補償サービスの利用が可能となります。
端末を落として破損させてしまうことが多い人は、端末補償サービスに加入した方が良いでしょう。

 

 

 

MVNOが提供している端末補償サービス

 

MVNOが提供している端末補償サービスでは、端末の購入から24〜36カ月間で起きた『水没・全損・破損・故障』などのトラブルの保証サービスに対応しています。
故障端末を割安な価格で修理を行ったり、新品端末へ交換することも場合によっては可能です。
端末のトラブルが起きたら、各MVNOのサポートセンターに連絡をして対応してもらいましょう。

 

端末の修理や新品端末への交換は、無制限にやってくれる事ではありません。
なかには、1年に何度でも補償サービスを利用できるMVNOもあります。
しかし、ほとんどの場合でサービスを申請出来るのは、年に1〜2回程度となっています。

 

一般的に、申請回数が増えるごとに自己負担額も増えていきます。
MVNOによっては、故障端末を返却しないと3万円程度の損害金が発生する場合もあります。
その点には十分に注意しましょう。

 

 

1年間のメーカー保証サービスも利用できる

 

単体で購入した端末が故障した場合は、直接メーカーに修理をお願いします。

 

購入から1年以内に自然故障した場合は、メーカーの保証サービスが適用され、無償で修理をしてもらう事が可能となります。

 

自然故障とは、落下や水没などの外部の物理的損傷を除く故障のことを言います。
例えばファーウェイの場合、故障端末を『リペアセンター』に送り、端末のトラブルが自然故障と認定されれば無償で修理をしてくれます。
過失による故障と判断された場合には、別途修理代金を請求されます。

 

メーカーによる無償の修理サービス期間は、有料オプションを追加することで延長が出来るようになっています。
ASUSの『ZenFone 国内延長保証パッケージトータル2年』や、Appleの『AppleCare+ for iPhone』に加入すると、保証期間を2年に延長可能です。

 

端末にトラブルが発生した場合も、修理や交換に対応してくれるサービスがあることを知っていれば、格安スマホを安心して利用出来ますね。

 

メーカーの1年間の保証サービスを利用する場合、無償で修理をしてもらうには審査を受けなければなりません。
必ず無償で修理をしてくれる訳ではないです。
このことには注意をしてください。

 

 

 

保証サービスがあるのと無いのでは、安心感が違いますね。
不注意によって携帯を落としてしまうことは、誰にでもあることだと思います。

 

念のために保証サービスに入っておくのも良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIMはなぜ安い? 格安SIMのメリット 格安SIMの種類 格安SIMの選び方 格安SIMの使い方